header

レース紹介 エントリー 賞典 レンタル車両 カップ車 オーナー車 レース規則

2015 開幕です!
今年も張り切って
行きまちょー!

2015 Round1 3/15

大荒れ(大爆笑)のレースを制したのは・・・。

  2015年3月15日 TOKORO’S Challenge Cup Round1開幕戦が無事終了しました!
当日は朝から雪がちらつき、どうなることかと思いましたが気温上昇と共に天気も回復、肌寒いけど気持ちの良いコンディションでした。

  今回のピットでは軽井沢のカワンルマーさんが美味しいコーヒーをサービスして頂きました。親子で参加の方もいらっしゃってピットが和やかな雰囲気に包まれ、我々の目指すトコロに近づきつつあるなと実感。

  今年は開幕が早く自車での参戦が間に合わない方もいられたようですが、新たな参戦者も増え盛り上げてくれました。それぞれ個性的な改良をされているので今後紹介しますね。


  2015年度より基準タイムを設定し、56秒より速いラップを計測した場合は7秒加算ペナルティとなりました。速くてもタイムをコントロール出来ないとダメなんです。これでエントラント皆さんにチャンスが広がったんですよ。

  さて気になるレースですが、路面温度が低く、序盤で相次いで転倒。笑って見てられるのがTOKORO'S CUPの良いところですが、皆さんもうちょっと気をつけてねー。

  そんな波乱の序盤を堅実に走ったベテラン2人(セキネ選手、山田選手)が上位グループを形成。このままフィニッシュ〜と思いきやセキネ選手痛恨の基準タイムオーバー。何とブリジストンの山田さんが優勝!!

ブリヂストンさんにはタイヤサポートして頂いていますが、レースになったら別のハナシ。ガチでの出場ですので正真正銘の実力です。いつもはサポート側に回っているヒトが思わず語った「レースは走るもんだ。」山田さん、楽しんでいただけましたね!

  やってしまったけど綺麗な走りを披露してくれたセキネさんが2位入賞。おめでとうございます。で、3位は何と女性初の表彰台をあず選手がゲット。7位にも女性のクレタやすいさんが入りました。

女性ライダーの皆さんがもっともっと増えることを期待します。表彰台に立つことだけが目的じゃないですよ。皆さん楽しみましょー。

詳しいレポートは後日スネモNEWSで報告しまーす!

  • 画像をもっと見る。
  • Round1 レース結果(DRY)
    Pos. No. 名前 チーム名 BEST LAP
    1 2 山田 宏 ブリヂストン 57.286
    2 8 セキネ マセサーキット 55.467(基準タイムオーバー)
    3 1 あず ちーむいでほんだ 59.432
    4 7 しろぽん カワンルマー@こーひーやバイク部 58.892
    5 6 けいちゃんパパ いのねかい 1:00.972
    6 11 ナカムラ ナカムラ 1:01.107
    7 3 クレタやすだ クレタ 1:03.074
    8 4 ハンゾー Bar Oliviero 58.725
    9 5 コウダイ JARI&天然童子RT 56.627
    10 69 みどりマキバオー♪ 鉄フレーム会 57.103

SNAKE MOTORS MOTORCYCLEは、GENEFICによって製造販売しています。
logo
Copyright (C) 201X GENEFIC LLC. All rights reserved
scri後